わたくし 山形 敏彦 は、25歳で登山、32歳台で山スキーの魅力に執りつかれ、50歳の頃より水彩画を始めました。
このホームページでは、私の作品を少しずつ皆様へご紹介していきたいと思っております。
主に、日本の原風景や日本アルプスなどを水彩画の画題に選び、芸術的表現の創作技術を模索しながら努力していています。
ごゆっくりと作品をご覧いただければ幸いです。 どうぞ、山形ギャラリーをよろしくお願いします。

昭和16年6月14日生まれ
25才 趣味で登山を始める。主に単独行。
32才 山スキーの魅力に執りつかれる。(滋賀、兵庫、福井、岐阜、石川の山域に足跡を残す)
京都市内の登山用品店を中心にスキークラブ(山スキーを含む)の発足に関わる。
37才 串崎 真知子(比良山岳会所属)30才と結婚。
38才 同人組織 京都山岳スキー倶楽部を設立。(京都在住の社会人山岳会OB中心)
50才 現役を引退。(体調不良と勤務先の環境悪化などの理由により)
代わりの趣味として水彩画を始める。主な画題を失われ行く日本の原風景を対象に選ぶ。
52才 昭和美術会に入会。2年目に会友に推挙されるも3年後に退会。
55才 京都水彩画会に入会。2年目に会友に推挙されるも5年後に退会。
心臓疾患に悩みながらも描き続ける。
65才 退職。それまで若いときの北方指向が忘れられず、大糸線の沿線風景や安曇野風景に魅了され、5年間通い続け描き中。
66才 退職記念に東北一週16日間のスケッチ旅行を敢行。(一人でキャンピングカーで自炊)
地元、長岡京市文化協会に所属し、乙訓地方の芸術活動に協力中。
67才 京都市内、ギャラリー吉象堂にて個展を開催。(展示作品65点)好評を得る。
水彩画の芸術的表現の創作技術を模索しながら努力しています。



画像をクリックすると、別ウィンドウで拡大します。






うえろく株式会社ホームjページへ 山形ギャラリーのホームページを開設に当たって
ご協力いただいた、うえろく株式会社様に
この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
山形 敏彦      

Copyright 2009 Ueroku Pharmacy & YAMAGTA GALLERY All Rights Reserved.